竹下歯科医院 ご予約はこちらから▽TEL096-245-1491
当医院の理念・ビジョン
予防歯科
審美歯科・ホワイトニング
インプラント
矯正歯科
マタニティ・キッズ
マタニティ予防歯科とは
マタニティ予防歯科」と言う言葉をあなたは初めて聞かれたことでしょう。
マタニティ予防歯科は、「マタニティ」つまり、 妊婦さんを対象としています。
その妊婦さんと歯科は、 実は密接に関係しています。
母子手帳にも、「妊娠中と産後の歯の状態」の ページがあります。
産婦人科の中には、歯科医院と連携して、 「歯科健診無料」の特典がつく所もあります。
その理由は、妊娠すると、心も体もいつもと違う状況になり、
お口の状況も、いつもと違うからです。 マタニティ歯科を通じ、
「あなたと、あなたの大切なお子様のお口の健康を守る第一歩」 をふみ出しましょう。
楽しいマタニティ予防歯科ってなぁに?
これからのむし歯予防の新しいスタイル、
マタニティから始まるむし歯予防法をお伝えします。
マタニティの時期は、おなかの中だけでなく、
お口の中も大きく変化しています。

最近では、妊産婦教室で、お口の健康教室が
義務付けられている
地域があるくらいです。
妊婦さんにはこれだけは知っていただきたい2つの変化

1.妊娠性歯肉炎
妊娠中は、ホルモンバランスが変わります。
歯周病の原因菌は女性ホルモンが大好きです。
歯ぐきがはれたり、出血したりすることはありませんか?
妊娠性歯肉炎は、早産・流産・低体重児出産の原因になることが分かっています。
そのリスクは約7倍です。

歯科医院で検診やクリーニングを受けて、きれいなお口で出産を迎えませんか?
予防専用ルームのある当医院なら、妊婦さんもリラックスして通えます。
きれいなお口は、生まれてくる赤ちゃんのむし歯予防にも効果があります。

2.妊娠7週目から赤ちゃんの乳歯がつくられています。
生えてくるのはずっと後ですが、永久歯も妊娠3ヶ月頃からつくられています。

丈夫な歯を育てるには、さまざまな栄養素が欠かせません。
カルシウム・タンパク質・ビタミン・リン
歯の質は遺伝とあきらめないで、バランスのよい食事を目指しましょう。

最後にもうひとつ妊婦さんに大切なことは、前回もお伝えした「母子感染」です。
むし歯菌を移さないお口作りは、大人の役割です。
キッズ予防歯科
楽しいキッズ予防歯科ってなぁに?
その1
むし歯になった事のあるあなたなら、大切なお子様の歯は、ご自分の歯より気になるのではないでしょうか?
今日は、お子様がむし歯を作らないための、楽しいキッズ予防歯科の使い方をお伝えします。

「むし歯を作らないための予防歯科と聞かれて、何を思いうかべられますか?」
定期健診? 歯磨き指導? フッ素塗布? それだけで、むし歯予防が成功するでしょうか?
歯科医院に行きたいと思われるでしょうか?
私たちは、お子様が楽しく、自分から進んで通う予防歯科を目指します。
むし歯のない元気な子どもたちが集まる

噛み合わせの部分の溝を埋め、虫歯になりにくくします。
術前   術後
術前   術後
当医院の2つの特徴。
1. お口のチェックだけではありません。

歯科医師・衛生士と一緒に、お口の健康学習をし、生活にぴったりのむし歯予防法を考えます。
3ヶ月毎の来院時に、その時の生活、年齢に合わせた方法を知って頂きたいと思っています。

2. 欠かせない楽しいイベント。
大人も集めたくなる消しゴムプレゼント等があります。
その2
あまりご存じない、赤ちゃんのむし歯予防法をお伝えします。
大切な赤ちゃんの歯は、誰でもむし歯から守りたいものです。
まだむし歯になったことのない赤ちゃんだからできる、むし歯予防のキーワードを3つご紹介します。
あなたの赤ちゃんも、むし歯ゼロを目指しませんか?

1.母子感染。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯菌は住んでいません。
知らない間に、周りの大人から、スプーンやスキンシップを通じて、
誰もがむし歯菌に感染してしまいます(母子感染)
奥歯が生えてくる1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月、6歳、12歳の3つの期間が、母子感染予防強化期間です。

2.アメ。
アメは、絶対自分の子にも、よその子にもあげないで!!
アメが1粒お口の中に入ると、とけるまで何分かかるでしょうか?
もしも奥歯でガリガリ噛んだら、奥歯の溝の中でゆっくりゆっくりとけていきます。
そうです。アメは、とても危険な食べ物です。
おじいちゃん、おばあちゃん、お友達にも知って頂き、むし歯を防ぎましょう。

3.タバコ
タバコは体だけでなく、お口にも影響します。
最近の研究で、お母様がタバコを吸っている3歳児は、
そうでない子と比べ、
1.9倍もむし歯になりやすいことが分かりました。
もちろんタバコは、お母様自身の歯周病の原因にもなります。